最高品質のこだわり

受賞歴

受賞歴

田村牛はこれまで数々の名誉ある賞を頂いております。
「第4回全国但馬牛枝肉共進会」において名誉賞を受賞、「平成23年度全畜連肉用牛枝肉共進会」では、雌牛で全国初の農林水産大臣賞を受賞するなど、その他「神戸ビーフ共励会」(神戸)、「全国中核和牛共励会」(東京)、「産地連合共励会」(京都)等で最優秀賞を幾度も受賞しています。
これからも品質を追求し、皆様へおいしく・安全な田村牛をお届けできるよう邁進していきます。

これまでの受賞歴
get_adobe_reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

飼育方法

飼育方法

導入は、兵庫県を始め、日本中から田村牛の資質を持った仔牛を見極め購買するところから始まります。熟練者の目で一頭一頭個体観察し、健康状態を管理しながら肥育していきます。

13ヶ月齢までは、胃袋と骨格作りを徹底し、それから肉質と脂肪の質を上げていきます。

30ヶ月齢頃からは、仕上げの段階です。
田村牛はそこからワインでいう熟成の時期を待ち、32〜36ヶ月齢以上で適齢期を見極め出荷します。

おいしさの秘訣

おいしさの秘訣

※神戸牛最優秀賞受賞牛

田村牛は、豊かな自然環境の下、日々愛情を持って牛と接する飼育者の徹底した管理と、独自の配合飼料により、創り上げられます。

現在の配合飼料は、現社長が先代の自家配合していた飼料をベースに、研究に研究を重ね、実際に現場で試行錯誤を繰り返しながら、「ヴィンテージビーフ」として完成しました。これは、「肉骨粉・肉粉・内臓等の動物性たんぱく質原料、動物性油脂、抗生物質」を一切使用しない、安全かつ安心な飼料です。

これらの地道な日々の積み重ねにより、田村牛の最高品質が保たれているのです。

ボックス下